クレジットカード

イオンSuicaカードは、無料でSuicaが作れて、オートチャージ機能もある最強の便利さ!

こんにちは!節約研究家の菓子谷優こと、かっしーです!

イオンカードは、イオンでの買い物がとてもお得で便利ですよね。

その便利なイオンカードに、Suica機能が付いた「イオンSuicaカード」というものがあります。

これは、クレジットカードの「イオンカード」と、電子マネーの「Suica」機能が合わさった、とても便利なカードです。

今回は、そのイオンSuicaカードの紹介をしたいと思います。

 イオンSuicaカードの特徴

イオンSuicaカードは、クレジット機能の「イオンカード」と電子マネーの「Suica」が一つになったとても便利なカードです。

イオンSuicaカードの特徴

  1. 年会費が無料
  2. クレジットカードの「イオンカード」として使える
  3. 電子マネーの「Suica」としても使える
  4. Suicaのオートチャージが出来る
  5. Suica機能でも預り金(デポジット)は不要
  6. Suicaのチャージでポイントが貯まる
  7. ときめきポイントの還元率は0.5%(200円で1ポイント)
  8. WAON POINTの還元率は0.5%(200円で1ポイント)

▲イオンSuicaカードは、カード番号の凹凸(エンボス)がありません

2枚のカードが一つになったニャ!

 年会費が無料

イオンSuicaカードは、他のイオンカードと同じく年会費が無料です。

しかし、他のイオンカードの「無料」とは意味合いが異なり、Suica機能を備えているのに「無料」なのです。

他のSuica機能を備えたクレジットカード

イオンSuicaカード以外にも、Suica機能を備えたクレジットカードはあります。

しかし、そのどれも年会費がかかります。

カードの種類 年会費 備考
イオンSuicaカード 無料
ビュー・スイカ 515円
ビックカメラSuicaカード 515円 初年度無料
JREカード 515円 初年度無料
ルミネカード 1,029円 初年度無料
JALカードSuica 2,160円 初年度無料

※税込み価格です

イオンSuicaカードだけ無料ニャ!

 便利なSuica機能

イオンSuicaカードの便利さは、電子マネーの「Suica機能」が付いている点です。

Suica機能

JR東日本の電子マネーである「Suica」ですが、イオンSuicaカードは、そのSuica機能も備えています。

つまり、このイオンSuicaカードを自動改札にタッチするだけで、電車やバスに乗れたり、買い物にも利用できるのです。

もちろん、JRだけでなく、私鉄も乗れるニャ!

最強の機能・オートチャージ!

通常のSuicaカードは、券売機などでいちいちお金をチャージする必要があり、かなり面倒です。

ただ、イオンSuicaカードは、Suicaの残高が1,000円以下になると自動的に3,000円分オートチャージしてくれる機能がついています。

オートチャージされた3,000円分は、その後イオンカード利用分として、指定口座から引き落とされます。

▲イオンカード利用分として引き落とされます

オートチャージの設定金額は、東日本のVIEW ALTTE(ビューアルッテ)で変更できます。

わざわざチャージする必要がなく便利ニャ!

預り金(デポジット)が不要

通常のSuicaカードを作る際は、最初に預り金(デポジット)として500円を払わなくてはいけません。

そして、もし残金を払い戻す際は、その500円がまるまず戻らず、手数料220円を引かれてしまいます。

しかし、イオンSuicaカードなら、無料で作れるので、その預り金500円が必要がありません。

タダでSuicaカードが作れるニャ!

バスなどではオートチャージされない

バスやタクシー、店舗などでは、電子マネーの読み取り端末がオートチャージ機能に対応していません。

そのため、設定金額以下になってもオートチャージされません。

ただ、その後電車に乗るなどすれば、自動改札機はオートチャージ機能が付いているので、すぐにチャージしてくれます。

バスばかりに乗っていると残高不足になることもあるニャ

 チャージ、オートチャージでポイントが貯まる

通常のSuicaカードは、何のポイントも貯まりません。

しかし、イオンSuicaカードは、通常のチャージでもオートチャージでも、ときめきポイントが400円につき1ポイント(還元率0.25%)が貯まります。

ただ、通常のときめきポイントは、200円につき1ポイント(還元率0.5%)なので、還元率が半分になってしまいます。

▲6,000円のオートチャージで14ポイントです

全くポイントが貯まらないよりはお得にゃ!

 ときめきポイントをSuicaに交換できる

イオンSuicaカードは、貯まったときめきポイント(1,000ポイントから)を、Suica1,000円分に交換できます。

ただし、交換したSuicaの金額は、VIEW ALTTEで入金する必要があります。

ちょっと手間だけど、ポイントを電子マネーに交換できるのはお得にゃ

 Suica機能も有効期限がある

イオンSuicaカードはクレジットカードですので、もちろん有効期限があります。

そして、Suica機能の有効期限も、クレジットカードの有効期限と同じで、期限後は使えなくなってしまいます。

Suicaの残高は引き継がれない

イオンSuicaカードの有効期限が切れると、新しいカードが送られてきます。

その時、古いイオンSuicaカードに入っているSuicaの残高は新しいカードには引き継がれません。

そのため、Suicaの残高は、返金するか、使い切る方法で処理します。

古いカードは、Suica残高を払い戻すまで、ハサミを入れてはダメニャ!

Suica残高を返金する方法

古いカードのSuica残高の払い戻しは、JR東日本のVIEW ALTTE(ビューアルッテ)で行います。

カードの有効期限が切れてからでも、払い戻しは可能です。

返金の手数料はかからないニャ

Suicaを使い切る方法

Suicaの残高は、有効期限内なら使い切る方法も可能で、店舗やバスで、現金との併用も可能です。

ただ、オートチャージ設定をしている場合、駅での自動改札ではオートチャージされてしまうため、使い切れませんので注意してください。

カードの有効期限が切れてしまったら、使えないニャ

 VIEW ALTTEの設置場所は?

Suicaの、オートチャージの設定金額の変更や、カード切り替えの際の残高の払い戻しは、JR東日本の「VIEW ALTTE」で行います。

VIEW ALTTEが設置されている駅

そのVIEW ALTTEは、JR東日本などの比較的大きな駅に設置されています。

▲設置駅は比較的大きい駅にあります

そのため、私鉄しか利用しない人にとっては多少手間になります。

ビックカメラやラゾーナなどの店舗にも設置されてるニャ!

 東日本ホテルズ、駅レンタカーの割引

イオンSuicaカードには、JR東日本ホテルズを利用の際、宿泊やレストラン・バーが、10%程度割引される特典もあります。

JR東日本ホテルズのサービス

ホテル名 宿泊 直営レストラン・バー
東京ステーションホテル 10%引き 10%引き
メトロポリタンホテルズ 10~20%引き 5~10%引き
アソシエイトホテル 10%引き 5%引き
アーバンリゾートホテル 10%引き
JR東日本ホテルメッツ 10%引き
ホテルファミリーオ 10%引き
ホテルフォルクローロ 10%引き
チェックアウト時間も12時まで無料で延長できるニャ

駅レンタカー

また、駅レンタカーを利用の際、イオンSuicaカードの掲示で10%引きで利用できます。

 イオンでの買い物にも便利

イオンSuicaカードは、もちろん他のイオンカードと同じく、イオンでの買い物の際、様々な特典を受けられます。

イオンカードの特典

  1. 毎月20日、30日の「お客様感謝デー」で5%OFF
  2. 毎月10日は「Wポイントデー」でときめきポイント2倍
  3. 55歳以上は毎月15日の「G.G感謝デー」で5%OFF
  4. イオンシネマが300円引き
  5. イオングループの店舗ならポイント2倍

▲もちろん、イオンでの買い物はとってもお得

サンキューパスポート

もちろん、衣料品や日用品が5%~10%OFFになる、サンキューパスポートや、バースデーパスポートも送られてきます。

▲衣料品や日用品が5%や10%OFFに

電子マネーのWAON機能はない

イオンSuicaカードは、電子マネーのWAON機能は備えていません。

電子マネーのWAON機能を備えているカードは、イオンカード(WAON一体型)イオンカードセレクトがあり、WAONを利用したい方はそちらの方が便利です。

イオンカードセレクトはクレジットカード機能、キャッシュカード機能、電子マネーWAON機能の3つの機能がついた最強カード!田舎民にとっては、なくてはならない存在のイオン! そのイオンでお得に買い物ができるのがイオンカードです。 イオンカードにはた...

 メリットとデメット

このように、とても便利なイオンSuicaカードですが、そのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  1. 年会費が無料
  2. 「イオンカード」と「Suicaカード」の両方の機能
  3. イオンでの各種割引が受けられる
  4. Suicaの預り金(デポジット)が不要
  5. Suicaのオートチャージ機能が付いている
  6. Suicaのチャージでもポイントが貯まる

デメリット

  1. カード切り替えの時、Suica残高を払い戻す手間
  2. Suicaチャージのポイント還元率は通常の半分
年会費が無料だから、Suicaとして使うだけでもお得ニャ

 新規入会キャンペーン

現在、2019年6月1日~6月30日までに、イオンSuicaカードに入会すると、ときめきポイントが合計で6,000ポイントプレゼントされます。

入会特典の内容

  1. 入会するだけで500ポイント
  2. カードをイオンウォレットに登録すると500ポイント
  3. カード利用2万円以上で2,000ポイント
  4. カード利用5万円以上で5,000ポイント

イオンSuicaカードなら、もらったときめきポイントを、Suicaに変えられるので、実質現金と同じです。

イオンSuicaカードだけのお得さニャ!

 まとめ

このように、イオンSuicaカードは、とても便利な最強のカードです。

私は、イオンや電車、バスもよく利用しますので、これ1枚で買い物や電車も事足りてしまいます。

ポイントは貯まりにくいですが、貯まったポイントはSuicaに交換できるので、まったく無駄になりませんよ。

最強の便利さニャ!
ABOUT ME
かっしー
収入を増やすのは疲れるから、節約する人生へ!