クレジットカード

楽天ポイントカードのネットで利用登録をする方法!ガソリンスタンドでも楽天ポイントが使える!

こんにちは!節約研究家の菓子谷優こと、かっしーです!

2015年12月以前の「楽天カード」には、「楽天ポイント機能」は付いていません。

そのため、貯まった「楽天スーパーポイント」を街での買物には利用できません。

古い楽天カードに「楽天ポイント機能」を付けることもできますが、1,080円かかります。

そこで今回は、「楽天カード」とは別に、「楽天ポイントカード」を利用して、街での買い物に楽天ポイントを利用する方法を説明します。

こんな方にお勧め
  1. 2015年12月以前に発行された楽天カードをお持ちの方
  2. 街の店舗で、貯まった楽天ポイントを使いたい方
  3. 「楽天ポイントカードアプリ」が利用できない店舗で楽天ポイントを使いたい方

1,080円払う必要もなく、タダで楽天ポイントカードを作れるニャ!

 店舗で楽天ポイントカードをもらう

まずは、楽天ポイントカードの提携店で楽天ポイントカードをもらいます。料金はかからず、何か商品を購入する必要もありません。

▲今回は出光でもらいました

台紙にカードが張り付いてるニャ!

もらえる店舗

楽天ポイントカードを配布している店舗は、楽天ポイントカードの提携店の一部店舗です。

  1. マクドナルド
  2. ミスタードーナツ
  3. すき屋
  4. リンガーハット
  5. 不二家
  6. くら寿司
  7. 出光、etc
マクドナルドでも配っている店舗と配っていない店舗があったニャ!

 ネットで登録する

もらった「楽天ポイントカード」で、貯まったポイントを利用するには、ネットで利用登録をする必要があります。

まずは、楽天ポイントサイトにアクセスします。PCでもスマホでもアクセスできます。

▼右下の「楽天ポイントカード利用登録」を選択します。

▼ユーザーID、パスワードを入力してログインします。

▼店舗でもらったカードの裏面に書かれてある「楽天ポイントカード番号」と「セキュリティコード」を入力します。

▼入力内容を確認して、利用規約に同意し、「利用登録をする」を選択すれば完了です。

翌日から貯まったポイントを使えます。

▼「楽天ポイントカード」のトップページに戻ると、新しい「楽天ポイントカード」が登録されています。

▼今回登録した「楽天ポイントカード」が確認できます。

 メリットとデメリット

楽天ポイントカードを作るメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  1. 街での買い物に、楽天ポイントを利用できる
  2. 2015年12月以前の楽天カードでも、無料で「楽天ポイントカード」機能を利用できる
  3. 「楽天ポイントカードアプリ」を利用できないガソリンスタンドでも利用できる

デメリット

  1. 持ち歩くカードが増えてしまう
  2. ネット登録しても、ポイントを使えるのは翌日から
カードが増えるのは嫌な方は、1,080円払って「楽天カード」に「楽天ポイント機能を」付けた方が便利ニャ!

 「楽天ポイントカードアプリ」もある

わざわざ「楽天ポイントカード」をもらわなくても、スマホを掲示するだけで利用でいる「楽天ポイントカードアプリ」もあります。

ただし、「楽天ポイントカードアプリ」では、ガソリンスタンドなど、利用できない店舗があります。
楽天ポイントアプリのインストールの仕方!楽天カードの楽天ポイント機能がなくても、街での買い物で期間限定ポイントを消化!マクドナルドやミスタードーナツなど、楽天ポイントカード加盟店なら、楽天カードで、楽天ポイントを貯めたり使うこともできます。 今回は...

 まとめ

このように、以前の楽天ポイント機能が付いていない「楽天カード」でも、「楽天ポイントカード」をもらって、ネットで登録することにより、街での買い物に楽天ポイントを利用できます。

ガソリンスタンドなどでは「楽天ポイントカードアプリ」が利用できないので、「楽天ポイントカード」は必携です。是非、試してみてください。

ABOUT ME
かっしー
収入を増やすのは疲れるから、節約する人生へ!